家具に生まれ変わった樽。サントリー樽ものがたりオンラインショップ           


ウイスキー愛好家のための最高のインテリアとするために、こだわりつくした逸品

樽を締める帯鉄や側板表面の風合いもあえて残した、
ウイスキー樽だからこその存在感をお楽しみください。

ウイスキー熟成の役目を終えたウイスキー樽の帯鉄を外し、構成する側板の1枚1枚を
分解・研磨したのち、職人が丁寧にもとの樽の形に組み上げて作り上げました。

樽そのままの風合いを残しつつ
一つ一つ時間をかけて丁寧に作り上げているため、生産数には限りがあります。

オンリーワン家具の「樽キャビネット」

 
樽の形そのままの存在感が凛々しく美しい
どの樽にもそれぞれ過ごしてきた時間の個性が現れており
全く同じものは一つとしてありません。



●鏡板部分はテーブルにも

 


樽キャビネットの天板部分には、樽の側板をまっすぐに伸ばした材を使用して、 フラットな天板にしました。 日本で最初にウイスキーが蒸溜された山蒸溜所の貯蔵庫のウイスキー樽をモチーフにしたデザインを施しています。



●取っ手の形状にもこだわり



樽キャビネットの扉の取っ手の形状にもこだわりました。 山崎蒸溜所のウイスキー樽が眠る貯蔵庫の中にある重厚な扉。その扉の取っ手をモチーフにしています。 ウイスキーの幽玄な世界の扉を開ける気分を味わっていただければ幸いです。



●使いやすいターンテーブルの底板



樽キャビネット内側の収納スペースには、固定式の棚板とターンテーブルの底板を設置しました。 棚板が支える上部の空間は、扱いやすく広々とした収納スペースをとりました。 下部の収納スペースは、奥まで活用できるようにターンテーブルを設置して、出し入れしやすいように工夫しています。



●ストッパー付キャスター


 

樽キャビネットは重さは 約50kg。 移動しやすいようにキャスターを5つ取り付けています。 大きめのキャスター5つがキャビネットをしっかりと受け止めており、ストッパー付なので 安定感も納得です。

ウイスキーを長年熟成させた樽の上で味わうウイスキー
時が眠っているウイスキー樽と共にグラスを傾ける
特別な時間をぜひご自宅でお楽しみください。


ウイスキーを育んできた樽を再生したキャビネットに、ご自慢のウイスキーを収納するだけで、ウイスキーならではの神秘の熟成の世界に思いを馳せることでしょう。 ウイスキーの味わいが、さらにいっそう美味しく感じられるかも。
 

樽キャビネットの中からウイスキーを取り出して、そのまま天板に置いたグラスにウイスキーを注ぐと、ちょっとした自分だけのバーコーナーにも。
一人でゆっくりウイスキーとの語らいの時間を楽しんだり、ウイスキー好きの友人を招いて会話を弾ませたりと、さまざまなシーンに対応します。

きっと人に自慢したくなる、唯一無二の
「樽キャビネット」です。
すべて職人の手によるもので量産ができませんので在庫が常にあるとは限りません。
あらかじめご了承をお願いします。